小犬

精神的な病気

近代の病気では、肉体的な病気や負傷だけでなく精神的な病気も増えてきていまして、誰もが可能性のある病気となっています。
精神的なストレスなどの原因により罹る病気でありますが、これらは薬などで自然治療することが出来るほど簡単な病気ではないです。
そのため、精神的な病気に対して治療を施す場合、カウンセリングをすることになります。
この方法にもいくつかやり方があり、患者に合わせて治療法を変えていくことになります。

ヒーリング治療
カウンセリングとして重要になってくることがヒーリングでして、患者の精神を癒すために必要となります。
ヒーリングは、患者が落ち着いて悩みを相談することが出来る環境を作り出すために行われることであり、精神的な癒しをしていきます。
患者のストレスとなる部分を無くして行きながら、相手のストレスとなっている部分を探っていくためにヒーリングをします。
ヒーリングをすることで、今後の治療方針などを決めていくことが出来るため、必ず行われる療法の一つです。

子猫

具体策を見つける

ヒーリングにより精神的なリラックスを与えることにより、コーチングをしやすくするが出来ます。
この場におけるコーチングは、患者の精神的なストレスを解消する為の具体策を見つけるために行われることです。
コーチングは、全ての答えを与えるわけではなく、患者に答えを見つけさせることにより、今後の患者に良い効果になります。
コーチングをすることによって、具体策を見つけ出したり患者のストレスを無くし癒してあげることが出来ます。

精神障害と心理療法
ストレス社会ともいわれる現代の社会環境において、多くの人達がなんらかのストレスによる精神的障害を抱えて生きています。
メンタル面においてうまく調整出来れば、多少ストレスがあっても身体不全や精神障害にはなりません。
ところが、精神的なストレスが慢性的であったり、強度のストレスを強いられたりすると、メンタル面での調整は困難となり、やがては身体に影響を及ぼし始めたり、精神疾患になったりします。
その場合の治療法として最も有効なのが心理療法です。

ほっとした女

薬餌療法と心理療法

薬餌療法は、通常の医療行為で行なわれるように、処方薬を摂取して治療する方法です。
一方心理療法は、生理化学的変化による治療や、医療器具等を利用した治療とは異なります。
一般に、心理療法では、患者と医師との間でやり取りされる会話によって心理的変化を期待した療法です。
そのため、お互いの信頼感や会話の成立具合などが重要な要因となります。
心理療法には、カウンセリングやヒーリング、コーチングといった手法を取り入れた療法があります。
それぞれに特徴があるため、療法の選択は患者の状態や問題への取り組み方を充分に検討したうえで選択されます。
 
心理療法の手法
カウンセリングは、被験者の話を聞いてあげることで、被験者自身が自力で問題発見することを期待して行なう、傾聴による支援行為です。
ヒーリングは、被験者の心の疲れを癒すことを目的に、アロマテラピーや瞑想、音楽や森林浴などを行ないます。
コーチングは、被験者の目標達成や自己実現するために支援することです。
コーチングは、被験者の目的達成のために課題を与え続け、単独では実現できなかった目的を達成できるよう導いてあげる役割を担います。
そう言った意味では、カウンセリングは強度な精神疾患患者の治療、ヒーリングは軽度なストレス障害者向け、コーチングとは治療というよりは自己実現のための支援方法といったほうが適切です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031